HISTORY OF KUWAHARA

1918

桑原仙太郎(現社長の父)により自転車品の卸問屋として"桑原商店"が設立される。

1925

ロシア、中国、東南アジア向けに自転車及び自転車パーツの輸出を始める。

1940~1945

第二次世界大戦により休業。

1947

大阪にて業務を再開。桑原仙太郎が初代自転車卸売組合の理事長に就任。

1960

桑原仙太郎他界。桑原正雄(現社長の長兄)が社長に就任。

1962

カナダにApolloブランドスポーツ車を輸出開始。

1968

アメリカ向けSchwinn,Takara,PuchなどのOEMブランドの生産を開始する。

1972

BMXを開発。KUWAHARARブランドBMXをアメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ各国へ  輸出を開始する。

1979

桑原拓男(現社長)が社長就任。この頃よりKUWAHARA BMXチームが各国で編成される。

1980

MTBを開発。カナダ、オーストラリアへの輸出を始める。

1982

スティーブン・スピルバーグ氏によりハリウッド映画"E.T."にBMXが採用され、映画のヒットと共に "E.T."BMXが世界中に輸出される。この頃からKUWAHARA BMXチームは優秀なライダーを多数輩出。USAチームのクリント・ミラーをはじめ、後年MTB DH世界チャンピオンとなるデイブ・カリナンも1991年までチームのエースとして在籍。

1988

桑原拓男が(株)桑原インターナショナルを設立。カナダナショナルロードチームにKUWAHARAR  が正式採用され、ソウル五輪に出場。ドイツ、スイス、フィンランドではKUWAHARA MTBのXCチームが編成され、ワールドカップへの参戦を始める。

1991

KUWAHARA/SWISS MONDIAのトーマス・フリシュクネヒトがUCI MTB世界選手権XCで2位を獲得。その後、優勝者のドーピングが発覚したことによりチャンピオンとなる。

1992

円高の進行により日本の輸出工場である桑原輪業を閉鎖。輸出モデルの生産拠点を海外にシフトする。(株)桑原インターナショナルが桑原商会より海外業務を引き継ぐ。

1997

新構想の小径車"GOBLIN"がEUROPIAN BICYCLE DESIGN CONTESTで日本車初の4位入賞。小径車ブームの先鞭となる。財団法人大阪デザインセンター選定商品となり、中小企業部門優秀賞を受賞。

1998

(株)桑原インターナショナルの国内販売部門の"クワハラバイクワークス"を設立。国内での生産・販売を開始する。KUWAHARA DH-Stream V4.0によりDH界に参入。 低価格な本格DHバイクの先駆けとなる。

2001

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)が大阪にて開業。映画"E.T."で使用されたBMXを忠実に再現したレプリカをUSJに納品。アトラクションで使用され、土産物屋内にも展示される。

2003

Gaap Wind が“OSAKA Good design selection”を受賞。

2009

実写版映画ヤッターマンのドロンボー一味の≪おしおき自転車≫の製作に協力。

Please reload

October 28, 2019

October 3, 2019

Please reload

All Right Reserved  

© 2019 KUWAHARA INTERNATIONAL CO., LTD.