March 25, 2020

Bike Packingライドには毎回持って行く(装着して行く)Wohoの<The X-Touring Saddle Bag>ですが、非常に軽量(259g)なのは先日お伝えいたしましたが、パッキングの中身は毎回変わったりします。

以前の生石高原に行った時はJetboilのMiniMoやクッカー、ガスカートリッジ、折りたたみ式のバックパック等を入れておりましたが、前回から寝袋と2Pテント<Dorcus Tent>を入れて走ってます。

2人用テント<UPON Dorcusテント>

そしてお気づきの方がいたかどうか分かりませんが、今回は初めてWohoの<Anti Sway Saddle Bag Stabilizer>を装着せずに走ってみました。(サドルレールの部分に何も付いていないのが分かるかと思います)

 結論から言いますと、ダンシングや上りの時にサドルバッグ が1テンポ遅れて振られるので、サドルバッグ にそれなりに荷物を入れられる方は装着するの非常に強くお勧...

March 24, 2020

もう、説明は必要ないと思われる人気のポンプヘッド <HIRAME>ですが、<横型>と<縦型>の2種類があります。人気なのは<横型>なのですが、こちらはロードのディスクホイールや小径の車輪の場合カムレバーの操作がやりにくい、またはスペースが無いために操作が出来ないという場合と、片手で加圧調整ネジの操作もやりやすいというのが人気の理由です。

では、一方<縦型>はどうでしょうか? 

上の画像はカムレバーを起こした状態(開いた)なのですが、このカムレバーがスポークやディスクホイールに当たってしまう場合は確かに使いにくいです。しかし、このカムレバーを起こした状態での高さはおよそ9.8cmです。チューブのバルブ長にもよるので一概にはいえませんが、20インチ以上のホイールサイズではほぼ当たらない高さになっています。

では、<縦型>のメリットとはなんでしょうか?

まず言えるのは弊社の希望小売価格で言えば¥1,000以上お安い価格設定となっております。逆流防止弁や最大...

March 19, 2020

最近のMTBはすっかり1x(ワンバイ)のコンポーネントが主流になっておりますが、やはりチェーンの脱落は起きるものです。里山ライドであれば、止まって手でなおせば良いだけですが、これが1分1秒を争うレースとなると話は別です。DHバイクはもちろんですが、XCレースにも使われることが多いです。

FUNNの<ZIPPA>シリーズは取り付けマウントにより数種類がラインナップされておりますが、その中でも一番人気が高いのが<ZIPPA ISCG05>になります。

更に別売りの<Zippa Bash>を取り付ければ、岩や倒木などによるチェーンリングの保護も可能です。

もちろん、里山ライドでもチェーン落ち知らずで快適なライディングが出来ます。

重量は30gと非常に軽量で、対応チェーンリングサイズは26T~36Tと幅広く、付属のスペーサーにより最適な位置で取り付けできます。

希望小売価格は¥3,200(税別)となっております。

商品についての詳細はその他の<Zippa>シリー...

Please reload

  • Black Instagram Icon

All Right Reserved  

© 2020 KUWAHARA INTERNATIONAL CO., LTD.