d.o.m製品のおさらい

ボトルや水筒、輪行袋など色々なものをワンタッチで取り付けが可能なmonkiiシリーズですが、ここで改めてご紹介したいと思います。

この<monkii cage>には<monkii cage V>と<monkii cage L>がラインナップされていますが、フレーム側への取り付け方の違いだけで、取り付け出来るボトルのサイズ等は同じです。


例えば、こちらの写真を見ていただくと分かりますが、自転車用のボトル、保温タイプのステンレスの水筒、輪行袋などが取り付けすることが出来ます。またそれ以外にもd.o.m.の製品であれば、<monkii TT bag><monkii mono><monkii wedge V>等も取り付け可能です。

ダウンチューブやシートチューブにあるボトルケージ台座に付属するパーツで直接取り付けることも出来ますが、フロントフォークやダウンチューブ裏にボトルケージマウントが無い場合は別売りの<mokii clip><monkii corset>で取り付けが可能となっています。


そして、<monkii cage V>の裏側を見てみましょう。


上側のパーツに引っ掛けてスライドさせてから、下側にスライドさせます。

動画の方が分かりやすいと思いますので、こちらをご覧ください。

そして、<monkii cage L>の取り付け方はこちらになります。

フレームの形状により取り付けしにくい場合や、取り付け出来ない場合がありますのでご了承ください。


使わない時はケージごと取り外しておけば、非常にスッキリしていますね。


商品についての詳細は各商品ページにてご確認ください。

最新記事

すべて表示