UPON Bivyテントで秋のキャンプ


素晴らしい秋晴れのもと、1泊2日で兵庫県は峰山高原リゾートにある、リラクシアにてキャンプを行ってきました。


当初はバイクパッキング装備の自転車で行こうかとも思ったのですが、自宅から片道で150km以上。更に標高が900m以上の高原にあります。バイクパッキング全装備状態では25kg以上のバイクで頂上までの上りが最後に現れるのは流石に厳しい。距離が短ければ何度かやってるんですが。


それならばと輪行も考えたのですが、JR播但線の最寄駅である寺前の運行表がこちら。

はい、見事に1時間に1本なのでこれも現実的に厳しい。仕方ないので今回は諦めてキャンプだけにしようと思い、荷物を適当に車に放り込んで出発します。


キャンプサイトを予約をしてあるのですが受付開始がお昼の12:30からとのことで、のんびり下道で向かいます。(高速がリニューアル工事中というのもありますが)道中で休憩がてらに止まった道の駅では黒枝豆が販売されてるのを見て、あ〜丹波篠山だというのを実感。

しかし、あまりのんびりもしていられないので先を進めます。目的地まであと少しというところのコープで買い出しをしてると、ちょうどお昼時間。買い出しをしてキャンプサイトでお昼ご飯を作ろうかとも考えたのですが、せっかくここまで来たのでどこかにお店がないかとネットで調べるとすぐ近くにお蕎麦屋さんが。


早速向かうと女将さんに「蕎麦があと1人前しかないんですよ」「あ、1人です」「え、大盛りもできませんけど良いですか?」「大丈夫です」というやりとりをしながら、そんなに大食いに見られたんでしょうか?・・・(汗)


しばらくすると、女将さんが蕎麦のかりんとう、蕎麦粉で作ったシフォンケーキ、お漬物を持って出てきました。

美味しくつまんでると、やってきましたメインのお蕎麦!!しっかり蕎麦の風味を感じられて、程よいコシがあり凄く美味しいです。

実は注文したのは天ざる蕎麦だったので、天ぷらの盛り合わせもあったのですが、揚げたてサクサクでどれも美味しい、熱い!って思っていたらすっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。


お腹一杯になり、お蕎麦屋さんを後にして目的地へと車を走らせるわけですが、素晴らしい天気です!

そして、峰山高原にもし自転車で来る場合はどの程度の傾斜なのかな?と思いながら走ってると、途中からつづら折れの急な上り坂が連続・・・。バイクパッキングの装備で来なくて良かったなと思いながらも本日の目的地に到着。


冬場はスキー場ですが夏場はグランピングや、コテージ、フリーサイトのキャンプ場として営業されてるので、受付も当然綺麗!と思ってたら、ホテルもされてるんですね。どうりで綺麗なはずです。

受付を無事に済ませて車を動かし、本日の設営場所を探します。スキー場なので基本的には斜面が多いのですが運良く平坦な場所を見つけました。


そして今回のメインであるUPON Bivyテントの設営方法はこちらでご確認いただけます。

慣れれば5分程度で設営できます。どちらかというと、タープを貼る方に時間がかかってしまいました。