• Takashi Kuwahara

Woho Dry Bagのご紹介

先日、Wohoの新製品の入荷の時にサラッとご紹介いたしましたが、今回はしっかりとご紹介したいと思います。


キャンプだけでなく、アウトドアでも荷物を濡れることから防いだり、バケツ代わりに使えることで人気の高いドライバッグですが、皆さんが思い浮かべるのは殆どがターポリン生地のバッグではないかと思います。


ターポリンとはポリエステル繊維の織物を柔らかい合成樹脂フィルムでサンドしたビニール系の素材の生地のことをいいます。水に強く耐久性がありますがデメリットとして、重たいということが挙げられ、1㎡あたりの重さが0.5kgあります。


ですから、ターポリン生地のドライバッグはメーカーにもよりますが、300g~500gの製品が多いです。


しかし、Wohoの<X-Touring Dry Bag>は容量は15Lと大きいながら、重量はわずか145gと非常に軽量です。素材は完全防水の生地でWoho特注の高耐久性ナイロンを採用し、耐水圧は15,000mmと台風並みの豪雨の中でも雨や水の侵入を防ぎます。また、水だけでなく泥なども付きにくい特殊な加工が施されています。


ボトム部分にはパッキングする際に便利なエアバルブ が付いており、中の空気を素早く抜くことが出来ます。

希望小売価格は¥5,500(税別)となっており、デポ地に到着した時に持ちやすい、ショルダーストラップが付属しています。


その他商品についての詳細はこちらのページにてご確認ください。


https://www.kuwahara-bike.com/x-touring-dry-bag-15l

57回の閲覧

All Right Reserved   

2020 KUWAHARA INTERNATIONAL CO., LTD.

​*表示されている希望小売価格は全て税別です。