Wohoのバッグシリーズの特徴

February 7, 2020

 

近年、バイクパッキング やブルベなどで大型のサドルバッグ を装着してるバイクを多く見かけるようになりました。着替えや、チューブ、工具などを積載出来るので大変便利ですよね。

 

しかし、荷物が多く積載できるという事はそれだけ重量も増えていくということでもあります。もちろん、同社が発売して大人気のサドルバッグ 用スタビライザー<The X-Touring Anti Sway Saddle Bag Stabilizer>があればサドルバッグ の横揺れを最小限に抑えてくれるので、サドルバッグ を装着してる方には必需品だと思われます。

 

 

ともあれ、サドルバッグ を比べるときに重要となるのが、防水性や容量だと思いますが、バッグ本体の重量をお忘れではないでしょうか?WohoのThe X-Touringシリーズは軽量で耐久性が高く、防水性の高い素材を採用しており、ハンドルバー バッグとサドルバッグ には縫い目の部分にシールテープを施すことにより、高い防水性を発揮しています。

 

参考までにバッグの容量が10L前後の人気サドルバッグ メーカーの重量と比較してみました。

 

A社 350g

B社 570g

O社 430g

Woho The X-Touring Saddle Bag M size 260g

 

中に入れる物にもよりますが、総じて積載物は軽量な方が好ましいです。サドルバッグ 単体で最大300g以上の差がありますので、他のバッグ類を合計すると500g以上の差があるかもしれません。

 

下記にWohoのバッグ類の容量と重量を記載しておきますので、他社様と比較する際に参考にしてみてください。

 

Woho The X-Touring Handle Bar Bag / 7~13L / 260g

 

Woho The X-Touring Saddle Bag M size / 8~12L / 260g

 

Woho The X-Touring Frame Bag  M size / 4L / 186g

 

その他の商品に関してはこちらからご覧になれます。

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Wohoのバッグシリーズの特徴

February 7, 2020

1/2
Please reload

最新記事

February 19, 2020

January 14, 2020