Woho サドルバッグ のご紹介

March 25, 2020

Bike Packingライドには毎回持って行く(装着して行く)Wohoの<The X-Touring Saddle Bag>ですが、非常に軽量(259g)なのは先日お伝えいたしましたが、パッキングの中身は毎回変わったりします。

 

以前の生石高原に行った時はJetboilのMiniMoやクッカー、ガスカートリッジ、折りたたみ式のバックパック等を入れておりましたが、前回から寝袋と2Pテント<Dorcus Tent>を入れて走ってます。

2人用テント<UPON Dorcusテント>

 

そしてお気づきの方がいたかどうか分かりませんが、今回は初めてWohoの<Anti Sway Saddle Bag Stabilizer>を装着せずに走ってみました。(サドルレールの部分に何も付いていないのが分かるかと思います)

 結論から言いますと、ダンシングや上りの時にサドルバッグ が1テンポ遅れて振られるので、サドルバッグ にそれなりに荷物を入れられる方は装着するの非常に強くお勧めします

 話を戻しますが、<The X-Touring Saddle Bag>はバッグの内側の縫い目の部分にシールテープを施し、防水機能を高めてあります。

これにより、いきなりの雨や寒暖差による結露から バッグの中身を守っています。

 

 高耐久性ナイロン素材やTPU素材のベルトなど泥や雨も付着しにくいので、お手入れも簡単です。

キャンプツーリング の時だけでなく、日々のライドやブルベなどでも非常に活躍してくれます。

 

サドルバッグ にはサイズがSとMの2種類があり、容量はそれぞれ6~8Lと8~12Lとなっています。

 

希望小売価格はどちらも¥10,000.-(税抜き)となっております。

商品に関しては詳細はこちらのページにてご確認ください。

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Wohoのバッグシリーズの特徴

February 7, 2020

1/2
Please reload

最新記事