Ibis_Logo_Wordmark_200px_WHT.png

Oso

Ibis_Oso_Storm_Blue_Side.jpg
ibis

ibisは1981年にカリフォルニア州のMendocinoにあるScot Nicoleのガレージからスタートしました。

スチール・アルミ・チタンと自転車のフレームとして常に最適な素材で様々なフレームを世に送り出してきましたが、現在は全てのモデルがカーボン製となっており、一部のモデルに関してはMade in USAになっています。

EWS (Enduro World Series)においては常に上位での成績を収め、2019年度のEnduro Mountainbike MagazineでRipmoがベスト・トレイル・バイクに選ばれています。

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • White Twitter Icon
IBIS

●Osoはibisが7年もの歳月を費やして、世に送り出したフルカーボン製のE-MTBです。パワーユニットにはパワフルで定評のあるBosch CXが採用され、UL安全規格認定の大容量バッテリーを搭載して、1日中走り回ることができます。

●リアスイングアームはモノアームながらも通常のシングルピボットのフレームとは異なり、DW-Linkの恩恵により驚くほどの登坂効率とトラクション、そしてダウンヒルでの快適性をもたらします。

●Osoのヘッドアングルの角度は、EWSでの勝利を収めたRipmoの経験から64度に設定されており、軽やかなハンドリングが特徴です。

●Osoは一般的な自転車フレームと異なり、フレームサイズごとにモノアームの長さ、シートチューブのアングル、バッテリーサイズが異なりライダーにとってベストなポジションと最高なライディング性能を引き出します。。

●L/XLサイズは前後29インチを採用し、モノアームがS/Mサイズより少し長くなっています。S/Mサイズは最近人気のあるマレット仕様(F:29インチ / R:27.5インチ)となっています。

●M/L/XLサイズは750whの大容量バッテリー、Sサイズは625whのバッテリーを搭載しています。

●Lupine製の900ルーメンのヘッドライトと、45ルーメンのリアライトを標準装備しており、トレイルライドの暗いセクションや、トンネルの中等でも重宝します。​

​●29x2.5 or 27.5x2.5インチのワイドサイズタイヤまで対応します。​

サイズ:S (394mm) / M (415mm) / L (415mm) / XL (427mm)

トップチューブ:S(573mm) / M(607mm) / L(638mm) / XL(669mm)

リーチ:S(430mm) / M(460mm) / L(500mm) / XL(540mm)

リアサスペンション:Fox Performance Elite Series, X2, 205x60mm

ヘッドアングル:64°

 

リアーセンター:439mm(S&M) / 444mm(L&XL)

リアトラベル:6.1インチ(155mm)

 

ホイールサイズ:Front 29インチ / Rear 27.5インチインチ(S&M), 29インチインチ(L&XL)

 

OLD:148 x 12mm(Boost Standard)

 

ヘッドパーツ:ZS44(Upper) / ZS52(Lower)

 

シートポスト径:31.6mm

 

ユニット:Bosch Performance Line CX

バッテリー:Bosch 750wh Powertube(M~XL), 625wh Powertube(S)

ディスプレイ:Bosch Kiox 300

 

販売形態:完成車

 

重量:24.1g(L-size complete bike)

 

​カラー:Forrest Service Green, Storm Blue

 

保証期間:フレーム 7年間、電動ユニット 2年間

SRAM GX Kit

¥1,815,000 (with tax)

Gallery